賃貸経営における建物長期保全に必要な メンテナンスの種類

賃貸経営において、建物を長期に渡り保全していくためには、さまざまなメンテナンス管理が必要となります。
ソフト面では、入居者の募集や管理にはじまり、家賃の集金、クレーム対応、経営分析などの諸業務。また、ハード面では、エレベーターや受水槽、浄化槽といった各種設備機器の点検・保守はもちろん、日常の清掃、定期巡回、敷地内の整備など日常的なメンテナンスも欠かすことができません。これら多種多様なメンテナンス管理を、バランス良く実施していくことこそが、建物の状態を良好に維持し続け、さらには近年の賃貸経営において重要視されている「テナントリテンション」(入居者の保持)を実現するための第一歩となるのです。
そんな各種メンテナンス管理の中でも「水漏れ・雨漏り」などに備えた早期の点検・保守は、特に重要となります。なぜなら、一度でも水漏れ・雨漏りが発生すれば、皆さんの大切な建物の資産価値を大きく毀損してしまうだけでなく、入居者からの重大なクレームにもつながりかねず、健全な賃貸経営を損なう大きな一因ともなりえるからです。実際に水漏れ・雨漏りなどの問題が発生してからでは対応が遅すぎることを念頭に、まずは日常から先手を打った防水のための定期点検やメンテナンス管理を心がけましょう。
賃貸経営において、建物を長期に渡り保全していくためには、さまざまなメンテナンス管理が必要となります。
ソフト面では、入居者の募集や管理にはじまり、家賃の集金、クレーム対応、経営分析などの諸業務。また、ハード面では、エレベーターや受水槽、浄化槽といった各種設備機器の点検・保守はもちろん、日常の清掃、定期巡回、敷地内の整備など日常的なメンテナンスも欠かすことができません。これら多種多様なメンテナンス管理を、バランス良く実施していくことこそが、建物の状態を良好に維持し続け、さらには近年の賃貸経営において重要視されている「テナントリテンション」(入居者の保持)を実現するための第一歩となるのです。
そんな各種メンテナンス管理の中でも「水漏れ・雨漏り」などに備えた早期の点検・保守は、特に重要となります。なぜなら、一度でも水漏れ・雨漏りが発生すれば、皆さんの大切な建物の資産価値を大きく毀損してしまうだけでなく、入居者からの重大なクレームにもつながりかねず、健全な賃貸経営を損なう大きな一因ともなりえるからです。実際に水漏れ・雨漏りなどの問題が発生してからでは対応が遅すぎることを念頭に、まずは日常から先手を打った防水のための定期点検やメンテナンス管理を心がけましょう。