雨漏り工事の費用と工事期間はどれくらいかかりますか?
原因箇所により、サッシ枠などからの水漏れ一か所の場合のコーキング3万円前後から、屋上防水工事が最終的には必要で、㎡数や選択される工事内容、周辺状況によって費用と掛かる期間ともに、大きな開きがあります。
特に雨漏り対応は一時の応急処置で、建物全体を見たときに、今後の建物の保守まで視野にいれた防水や外壁工事内容になる場合は、建物の種類や、屋上の形状、材質に適した施工方法と、施主様の建物存続期間計画なども考慮してその工事が妥当であるかどうかもアドバイスさせていただきます。
雨漏り相談をする際には、どのような情報を伝えれば良いですか?
下記の情報をお伝えください。
 ①建物の状況:
(1)建物の構造、(2)築年数、(3)対象の階数や部屋の位置(外部に面しているか等)
 ②雨漏りの状況:
(1)発生時期(いつから雨漏りがしているか?)、(2)発生個所(壁、天井、床また平面状どの位置に発生しているか?)、(3)発生のタイミング(大雨が降り始めてすぐに、やんだら止まった等)、(4)雨漏りの量(ポタポタと断続的に、一晩でバケツ半分くらい等)
雨漏り相談の際、雨漏り箇所の写真は必要ですか?
はい。事前に雨漏り箇所の写真等をいただけると、より精度の高い現場調査が可能となり、早期の問題解決につながります。
雨漏り工事の見積もりは、どのように依頼すれば良いですか?
まずは現場調査により雨漏りの状況を把握させていただきます。
協会会員のプロが現場調査させていただくことも可能です。防水協会が優良会社と認定している施工会社となりますので、ご要望であれば、後日お見積りをご提示させていただきます。
現場調査に費用は発生しますか?
いいえ。Q1・2の事前情報をお預かりできるとその段階でご相談内容が解決する場合もあります。雨漏り問題解決のため現場調査が必要な場合、お伺いさせていただきます。基本、お金はかかりませんが、ご相談の際、逐次担当者へご確認願います。
雨漏りの原因にはどのようなものがありますか?
雨漏りの発生する箇所ごとに、一般的に下記のような原因が考えられます。
①屋根・屋上・天井
(1)防水塗膜の劣化、(2)屋根材の剥がれ・ひび割れ・穴あき、(3)上階の床面のひび割れ(紫外線・熱・水の影響で経年劣化等) 
②外壁・壁
(1)外壁のひび割れ・穴あき、(2)ベランダ・バルコニーの防水塗膜の劣化、(3)ベランダ・バルコニーのひび割れ・穴あき(紫外線・熱・水の影響で経年劣化) 
③建具・窓
(1)天窓・トップライト等特注窓の隙間、(2)サッシの納まりの不良、(3)サッシのシーリングの破断、(4)防水取り合い・建具取り合い部の防水施工不良 
④設備・配管・浴室等
(1)壁内でのエアコン配管の破損、(2)建物内部の配管の腐食・破壊、(3)建物内部の配管の接着力の低下、(4)浴室の施工不良・劣化
雨漏りの補修は自分でもできますか?
おすすめできません。例えば、ご自身でトップコートの塗布等をした場合、プロの作業に比べて精度にムラがでてしまいます。塗布のムラは防水機能の低下につながり、短期間で防水効果を無くしてしまう可能性があります。大きな被害が出る前に、プロによる適切な補修を行うことが重要です。
雨漏りの原因が配水管の水漏れの可能性もあるが、確認しにきてくれるのか?
まずはお電話で聞き取りをさせていただきます。
わからない場合はお伺いの上、調査させていただきます。
では、雨漏りと漏水では何が違うのでしょうか。
「漏れているものが雨水ではない」ということです。
雨が降っている時、降った後のみは雨漏りの可能性が大です。部屋の位置、使用状況によっては結露が原因の場合もあります。
キッチンや洗面、洗濯などの排水管のなんらかの支障による漏水は、絶えず漏れてくるわけではないが、雨でもないのに、時々漏れてくるなど上階で水の使用があるかどうかを確認します。
また、給水管のピンホールなどの漏水は、絶え間なく微量の水が漏れてきます。
こちらは、水を全部止めて水道の使用がないときに、メーターが回っている。給湯管に圧をかけてみる等で判別できることが多いです。
それぞれの状況により大まかな検討をつけてアドバイスもしくはお伺いいたします。
何が原因としても、建物への悪影響であることは間違いないので、至急対応させていただきます。
可能であれば、建築時の図面をお持ちであれば、排水管図面をご用意いただけると助かります。
ウレタン防水やシート防水のどちらにむいているかわからなくて困っている。
ウレタン防水は液状のウレタンを塗布することにより防水層を作り出す方法ですので複雑な形状の部位でも施工可能であることや継ぎ目のない層をつくりことができます、経年劣化の進みが早いことや亀裂に弱いというデメリットもありますが塗り重ねによりカバーできます。
シート防水はシート(塩ビ系が主流)を貼り合わせて防水層を作り出し、かつシートそのものが紫外線や熱に対して強く、また対候性も併せ持っているため長期的に効果がえやすいです、反面複雑な形状の部位での施工には向かないデメリットがあり、シートを貼り合わせる工法の為施工精度の差が出やすいいので信頼できる施工会社を選定する必要性があると思われます。
雨漏り工事の費用と工事期間はどれくらいかかりますか? 原因箇所により、サッシ枠などからの水漏れ一か所の場合のコーキング3万円前後から、屋上防水工事が最終的には必要で、㎡数や選択される工事内容、周辺状況によって費用と掛かる期間ともに、大きな開きがあります。
特に雨漏り対応は一時の応急処置で、建物全体を見たときに、今後の建物の保守まで視野にいれた防水や外壁工事内容になる場合は、建物の種類や、屋上の形状、材質に適した施工方法と、施主様の建物存続期間計画なども考慮してその工事が妥当であるかどうかもアドバイスさせていただきます。

雨漏り相談をする際には、どのような情報を伝えれば良いですか? 下記の情報をお伝えください。
 ①建物の状況:
(1)建物の構造、(2)築年数、(3)対象の階数や部屋の位置(外部に面しているか等)
 ②雨漏りの状況:
(1)発生時期(いつから雨漏りがしているか?)、(2)発生個所(壁、天井、床また平面状どの位置に発生しているか?)、(3)発生のタイミング(大雨が降り始めてすぐに、やんだら止まった等)、(4)雨漏りの量(ポタポタと断続的に、一晩でバケツ半分くらい等)
雨漏り相談の際、雨漏り箇所の写真は必要ですか? はい。事前に雨漏り箇所の写真等をいただけると、より精度の高い現場調査が可能となり、早期の問題解決につながります。

雨漏り工事の見積もりは、どのように依頼すれば良いですか? まずは現場調査により雨漏りの状況を把握させていただきます。
協会会員のプロが現場調査させていただくことも可能です。防水協会が優良会社と認定している施工会社となりますので、ご要望であれば、後日お見積りをご提示させていただきます。
現場調査に費用は発生しますか? いいえ。Q1・2の事前情報をお預かりできるとその段階でご相談内容が解決する場合もあります。雨漏り問題解決のため現場調査が必要な場合、お伺いさせていただきます。基本、お金はかかりませんが、ご相談の際、逐次担当者へご確認願います。

雨漏りの原因にはどのようなものがありますか? 雨漏りの発生する箇所ごとに、一般的に下記のような原因が考えられます。
①屋根・屋上・天井
(1)防水塗膜の劣化、(2)屋根材の剥がれ・ひび割れ・穴あき、(3)上階の床面のひび割れ(紫外線・熱・水の影響で経年劣化等) 
②外壁・壁
(1)外壁のひび割れ・穴あき、(2)ベランダ・バルコニーの防水塗膜の劣化、(3)ベランダ・バルコニーのひび割れ・穴あき(紫外線・熱・水の影響で経年劣化) 
③建具・窓
(1)天窓・トップライト等特注窓の隙間、(2)サッシの納まりの不良、(3)サッシのシーリングの破断、(4)防水取り合い・建具取り合い部の防水施工不良 
④設備・配管・浴室等
(1)壁内でのエアコン配管の破損、(2)建物内部の配管の腐食・破壊、(3)建物内部の配管の接着力の低下、(4)浴室の施工不良・劣化
雨漏りの補修は自分でもできますか? おすすめできません。例えば、ご自身でトップコートの塗布等をした場合、プロの作業に比べて精度にムラがでてしまいます。塗布のムラは防水機能の低下につながり、短期間で防水効果を無くしてしまう可能性があります。大きな被害が出る前に、プロによる適切な補修を行うことが重要です。
雨漏りの原因が配水管の水漏れの可能性もあるが、確認しにきてくれるのか? まずはお電話で聞き取りをさせていただきます。
わからない場合はお伺いの上、調査させていただきます。
では、雨漏りと漏水では何が違うのでしょうか。
「漏れているものが雨水ではない」ということです。
雨が降っている時、降った後のみは雨漏りの可能性が大です。部屋の位置、使用状況によっては結露が原因の場合もあります。
キッチンや洗面、洗濯などの排水管のなんらかの支障による漏水は、絶えず漏れてくるわけではないが、雨でもないのに、時々漏れてくるなど上階で水の使用があるかどうかを確認します。
また、給水管のピンホールなどの漏水は、絶え間なく微量の水が漏れてきます。
こちらは、水を全部止めて水道の使用がないときに、メーターが回っている。給湯管に圧をかけてみる等で判別できることが多いです。
それぞれの状況により大まかな検討をつけてアドバイスもしくはお伺いいたします。
何が原因としても、建物への悪影響であることは間違いないので、至急対応させていただきます。
可能であれば、建築時の図面をお持ちであれば、排水管図面をご用意いただけると助かります。

ウレタン防水やシート防水のどちらにむいているかわからなくて困っている。 ウレタン防水は液状のウレタンを塗布することにより防水層を作り出す方法ですので複雑な形状の部位でも施工可能であることや継ぎ目のない層をつくりことができます、経年劣化の進みが早いことや亀裂に弱いというデメリットもありますが塗り重ねによりカバーできます。
シート防水はシート(塩ビ系が主流)を貼り合わせて防水層を作り出し、かつシートそのものが紫外線や熱に対して強く、また対候性も併せ持っているため長期的に効果がえやすいです、反面複雑な形状の部位での施工には向かないデメリットがあり、シートを貼り合わせる工法の為施工精度の差が出やすいいので信頼できる施工会社を選定する必要性があると思われます。